== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

父と百日紅


百日紅

実家の庭にある百日紅(さるすべり)の木です。
私が子供のころから大きな木だったので、今ではもうかなりのせいたかのっぽです。
2階の窓から写真を撮りました。




実はこの夏、父が一大決心をして家中の椿の木を切ってしまったのです。
(植木屋さんに切ってもらいました)
原因は茶毒蛾。
今年は例年よりも多かったのではないでしょうか?
あちこちで被害にあっていると聞きました。

父も、どうやら何回もひどい目にあったらしいのです。

椿の切り株

それでこんな姿に。
切り株もきれいに取り除いてもらうと、とても手間賃が高いそうで、そのままに。
大きな木でも、切り株って案外小さいんですね。

小さい木もいくつかあったのですが、小さいだけにあまりなくなった感じがしませんが
この木は大きかったのでぽっかりと空間ができてしまいました。
切り株が白くて痛々しかったです。

この切り株は寒椿。母が好きな木でした。
私も好きでした。いえ、父も好きでしたし、家族みんなが好きな木でした。

私は子供のころ、椿の木に登ったり、花を集めたり、実を集めたりして遊んだものです。
ずっと遊んでいられました。

花が散ると木の影のようにピンクのじゅうたんができて、それはそれはきれいでした。
それにほんのりといい香りがして、それも好きでした。

あの頃は、この木に茶毒蛾がいるなんて思いもしなかった。
そのころはいなかったのかな?

この夏、庭を眺めながら父が
「かあさんが好きな木だったんだがなあ・・・」と言うのを何度も聞きました。





私は寒椿によく似たピンクで百日紅が咲いているのがうれしかったです。
わが家にはもう1本のピンクの木があったんだな、と。
夏と冬、それぞれのピンク・・・。






母がなくなる前は、父と電話で話すことなんてめったにありませんでした。
入院がちになった頃から時々、電話がかかってくるようになりました。
日本の住所宛てに届いた荷物や郵便を転送するかどうか、ということがほとんどなのですが
母のこともよく話したものです。

母がなくなると、何となく話すことがなくなって、短い電話が増えました。

それがだんだん、お互いに慣れてきて
不思議なんですが、そのうち15分くらいはおしゃべりするようになりました。
母との電話でもそんなに話すことは少なかったんです。

母は用件が済むとすぐに電話を切ってしまう人で
「それでね」って私が言っている間によく受話器を置く音がしました。
けっこうさびしかった~。

父は「いいか、切るぞ、切るぞ」と言ってから受話器を置く人です。
父との電話はなかなかいいです。
スポンサーサイト
┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 17:45:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
e-247naturelivingさんへ

natureさんのお庭にも百日紅があるんですね。
多分、木は植え替えた年には花が咲かないと思います。
翌年か、翌々年か、落ち着いてくるとゆっくり咲くらしいです。
待つのも楽しみですね。
咲き始めたら毎年いっぱい咲きますよ!
そして10年後、20年後が楽しみですね。
寒椿残念ですね。でも椿はなくなっても思い出は消えてしまうわけではないですものね。
お父様といろいろと思い出話ができるなんてそれも素敵ですね。
我が家にも百日紅の木を2本植えてもらったのですが、夏に花が咲くのを楽しみにしていたのに全く咲く気配なし。。。成長しないとダメなんでしょうか?
うさぎさんちのみたいに立派な木に成長するのは何年後かなぁ。
e-247yokkoさん、こんにちは。お返事が遅くなりました。
日本は3連休ですね。ゆっくりされてるかな?

母の好きだった木や花ははどこかよそで見たとしてもやっぱり懐かしいです。小さい頃に母に名前を教えてもらった、たくさんの木や花はすべて思い出です。モノ、形だけではないなあとますます感じるようになりました。

yokkoさんちのおにいちゃんも、茶毒蛾の被害にあわれたんですよね。うちもその後くらいに、むすこちゃんがやられました~。台湾にもいるんだな、と思いました。
本当にひどいことになりますよね。来年はだいじょうぶだといいですね。
うさぎさん、こんにちは。。。
「茶毒蛾」・・・今年は我が家のお兄ちゃんも通学途中で刺された一人。
これは、直接虫に触れなくても針が10mぐらい飛ぶそうなので、1本でも針が洋服の中に入ると大変なことになってお医者さまにかからなくてはダメなんですよね。。。

お母様の好きだった大切な花木
決断をするまでに、いろいろと葛藤があったことだと思うの。
お母様もお父様の今までの経緯を見守ってくれていたと思うから、きっと「今までありがとう!!」って言ってくださっていると思うわ。
e-247Ladyinnjさん

はい、消毒も何度もしたようなのですが、消毒するだけでもやられちゃうそうです。見た目も恐ろしいんだそうです。
私もその時期に日本にいなかったし、自分でケアしてあげることもできないので、父の決断には「いいんじゃない」と電話で言いました。

思い出は全部を形として持ち続けなくてもいいのかなと思う今日この頃です。
お母様の思い出の木が、害虫のために切らなくちゃいけなくなったのは、残念ですね。
消毒では無理だったんでしょうか?
ひょっとしたら、この切り株からまた芽が出てくるかもしれませんね。
花が咲くには時間がかかるかもしれませんが、待つ楽しみもありますよね。





        
 

== Trackback ==

http://fromkazenomati.blog123.fc2.com/tb.php/82-d88c8141
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。