== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

うさぎのはさみ

昨日、子供の髪を切りました。
1月に日本で切って以来なのでだいぶ伸びていました。
外国のヘアサロンで切るのはどうしても嫌というので、私が切りはじめてもう4年.
少しはじょうずになってきたかな。

不思議なもので、髪を切るとかわいいな、と思って
何度も何度もじっと子供の顔を見てしまうんです。
自分で切ったから?
毎日見ている顔なのに、変ですね。
食卓は私と子供が向かい合う形なのですが、朝食を食べながらも、あらためてかわいいな、と思ってしまって。ずーっと顔を見ていました。


うさぎのはさみ


写真はアンティークのはさみ。フランスのものです。
うさぎのはさみ、ということですが、見えるような見えないような。

これ、あちこちで見かけるのですが、あるときはきつねのはさみとして紹介されていました。
また別のところではイタリア製のはさみとして紹介されていました。(今も作られているようです)

イタリアで作ってフランスでたくさん使われていたものかしら、なんて想像したり。

古いものほど、どこで作ったとか、会社名とか、なんの印字も刻印もないことが多いです。
アメリカで買えばアメリカのアンティークかなと思うし
フランスで買えばフランスのアンティークかなと思う、そんなことです。

でもいくら昔でも、外国製品は輸出入されていただろうし、
旅行に行ってお土産に買ってきたものもあるかもしれないし、
アメリカなら外国からの移民ってこともあるので
本当のところはちゃんと調べてみないとわからないってことですね。

ときどきフランスのアンティークとして紹介されているものの中に、私も持っているものがあって
そうかあ・・・としみじみすることがあります。
私が持っているものはアメリカで買ったものばかりなので、最初はてっきり全部がアメリカのものだと思っていたんです。

このうさぎのはさみからも、いろんなことを想像して楽しんでいます。



そばに写っているのは、本のちょっぴりのあまり糸で編んだコースターと急須のふたのつまみカバー
こういうものをちょこちょこ作るのっておもしろい。

とても気に入って買った急須が、ステンレス製なのです。
ふたのつまみまでステンレスなので、熱くて持てない。
ここに何かカバーをつけたらいいな、と思って。
ちょうどのサイズにできるかな、とか。実験みたいに作るのがおもしろい。

小人の帽子みたい。
これをつまみにのせて、下を絞って、できあがり。ぴったりでした。
スポンサーサイト
┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 13:41:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

りっぽ~さんへ
e-247どうもありがとうございます。
実物・現実はぜんぜんすてきじゃないんですが。
うふふ。

そんな本当のところを見に来て~と言いたいところです。
もし、万が一、ご旅行の予定ができたら教えてくださいね。
nature living さんへ
e-247こんばんは。

>自分が泣き出してしまったほど下手

それは大変!
うちの場合、アメリカのヘアサロンがあまりに下手だったので、初心者の私のほうが上手だったのです。アイダホではプロなのに、前髪がななめだったりしました。

でも実を言えば、最初は難しくて、翌日あれ?と思うこともあって、何度か直したりしてたんです。

はさみは現行品でしたら楽天で検索すると出てくると思います。アンティークはオークションサイトで検索してみてください。
うまくヒットしなければご連絡くださいね。
髪を切った息子ちゃん。可愛いんでしょうね。なんか、ほのぼのする、素敵な親子です。
それを見守るアンティークたち。
ほんと、遊びに行きたいなぁ~。
いつもみっぽさんのブログを読んでいると感性豊かで羨ましいです。そして温かい気持ちになれます。ありがとう。
私はこどもの髪は切れません。前2回ほど切ったことあるけど、ひどいことになってしまい自分が泣き出してしまったほど下手なのです^^;。
ハサミ、可愛いですね。今も作られているんですか、探してみようかな。実は来週ハサミカバーの講習に行くんです。なのでハサミも可愛いのが欲しいなと思って。
編み物、思い付きで編めちゃうなんで羨ましいです。





        
 

== Trackback ==

http://fromkazenomati.blog123.fc2.com/tb.php/51-ae5c4b90
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。