== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

シルクのにおい?

いよいよ12月ですね。
わが家も週末にクリスマスツリーを出しました。
オーナメントを飾りつけながら、ひとつひとつにまつわるエピソードを思い出して
しみじみしてしまいました。
さすがの台湾も寒くなりかけてきたので
やっと冬支度です。


シルクのにおいってわかりますか?
私にはわかりません。
でもわかる人っているんですね。

私が時々のぞく、アウトレットの毛糸屋さんがあります。
工業用の糸を手編み・手織り用に小売してくれるお店なのです。
お店で売るお洋服やニットになるはずだった糸の残り・・・ちょっとエコでもありますね。

もともとが手編み用ではないので、ここにはおもしろい糸がいっぱい。
めったに見ないような色の糸もあるんですよ。
それに激安です。
(ただひとつ私にとって問題なのは、材質がわからないこと。)

糸それぞれにお店の方のコメントが付いていて
「ぱさぱさ」「もっさり」「ぐるぐる」だの
「ふりかけご飯」「梅ご飯」だの・・・。
どんな糸か想像できますか?

画像を見ながらコメントを見ると、とってもイメージがわくから不思議です。
それにそんなコメントが好きだったりして。


私がここで初めて買った糸に付いていたコメントは
「多分、多分、これはシルクウールです。
このすべすべの感触、それにシルクのにおい・・・」
文面から興奮が伝わってきました!
私もつい、注文しちゃいました。

さすが糸のプロの人。
シルクのにおいがわかるんだな、というのも感動で。

私もシルクのにおいのわかる人になりたいです。
においだけでなく、感触とか見た感じの風合いなどで、素材がわかるようになりたい。
とってもかっこいいと思います。

その糸でミトンを編みました。

ミトン


ミトンって案外難しくないのですね。

私は手がとても小さいので、市販の手袋だと必ずぶかぶかです。
外国には手袋のサイズがあるので、
海外旅行で買ったジャストサイズのものをずっと大切に使っています。
でも手編みならちょうどのサイズに作れます。
手づくりってそういうためにあるんだったかも、と思い出したところです。

自分のサイズ、自分の好みでアレンジできるのがいいところでした。
忘れてました。
もっとわがままに作りましょう!

というわけで、本の通りに編んだら気に入らないところを全部変更して
サイズも合わせて
お気に入りのミトンに仕上げました。


こちらは同じ糸で編んだカーディガンです。

シルクウールのカーディガン

カーディガンは袖を短めにしてみました。
シルクがすべすべするので、ゆるめに編めてしまった!
下に厚着をしてもだいじょうぶなカーディガンということに。


この糸、本当に安かったので大量に買って
実はまだ残りがあります。
カーディガン、ミトンときて、あと何を編みましょうか?




余談ですが
高校生のとき、ひょんなことから私の手が小さいことが評判になり(?)
クラス中の子と比べたのですが、一番小さかったのです。
それでさらに他にも手が小さい子と比べまくって
とうとう学年400人中で私は2番目に小さいことがわかりました。
女子高でしたが・・・そんなことを夢中でやっていたなんて
かわいい高校生たちだったなあと思います。
スポンサーサイト

┃ テーマ:編み物 ━ ジャンル:趣味・実用

┗ Comment:7 ━ 11:06:33 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。