== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

刺繍のピローケース 古いものの愉しみ

ピローケース

ガレージセールで買ったピローケースを愛用しています。
シーツやピローケースは新しくないと嫌と言う人が多いと思いますが
私は気になりません。
洗いこんでくたっとした感触が逆によかったりします。

刺繍のピローケースはアメリカのアンティークショップやガレージセールでよく見かけるアイテムなんです。
アメリカではどうやら刺繍がさかんだったということかなと思っていました。

でも、びっくりしたのですが、今だって刺繍はさかんみたい。
ハンドメイドショップへ行くと、いつでも人がいっぱいだし
刺繍のコーナーには用具も材料もキットも、たくさん売られていました。

なんと、このピローケースとそっくりなキットもありました。
今も売られているんですね。

特にハンドメイド関連のものは、昔からずっと変わりなく、同じ製品を作って売っている、というものがたくさんあるようです。
だからよく気をつけないと、古いものだと思って新しいものを買ってしまうこともあるかもしれません。

私は古くても新しくても、気に入ればそれでいい、かな。


それにしても復刻版に見えるような、昔からのものがずっと作られているなんて
素敵なことだと思いませんか?


ところで最後に、このピローケースには実はちょっとした秘密があるんです。
よーく見るとわかるんですが

ピローケース


’His’を無理やり’Hers’と刺繍してあるの。
どんな事情があったのかしら。

家族の分を作ろうとして、女の子が多かったからこうなったのかしら・・・などと考えて楽しんでいます。
みんなそれぞれ、いろんなことがあるのよねえなんてしみじみしたり。
ぐっと作った人に親近感を抱いてしまいました。
自分で作ったものにはない味わいです。

それにしてもなんて上手な、丁寧な刺繍なんでしょう。
自分で作ったものにはない良さですね。
スポンサーサイト

┃ テーマ:アンティーク ━ ジャンル:趣味・実用

┗ Comment:8 ━ 07:00:00 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。