== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

手編みとヴィンテージのひざ掛け

ひざ掛け


台湾の冬は寒いよーと聞いていたので、いよいよ来たな、と思っていたら
ほんの3日ほどでまたあたたかさが戻ってきました。
同じくらい冷える日もあるかもしれませんが、これ以上寒くなることはないそうです。
ほっと一安心です。

でもおかげで風邪をひいてしまいました。
ようやく治って元気が出てきたところです。

頭痛でぼーっとしているのに、何かを作りたくてたまりませんでした。
横になっていても「あれを作りたい」「あの糸はこう使って・・・」「あの布はこう使って・・・」
等々といろんな考え・妄想が頭にあふれてしまって、心が落ち着かないのです。
手を動かしていればそれほどでもないんですけどね。
で、結局ちょこちょこ何か作っていました。

写真はベッドの足元に置いてあるひざ掛け、肩掛け、毛布などです。
全部を一度に使うわけではないんだけど、いろいろ重ねて置いておくのは
私にとってはインテリアの一部。
目にあったかいものって、冬にはいいものですよね。

色を合わせて、あちらにもこちらにも置いておけば
ちょっぴり寒いときにすぐくるまれます。

子どもがくるまってるのを見るのもかわいい。
いつの間にか寝ちゃってるときも。

ブルーのショール


このブルーのショールは、昨シーズン最後に編んだもの。
アイダホから引越しと言うときに、ずっと編んでいました。
どうも寝付かれない日が多くて、夜に編んでいたなあ。懐かしい。

ブルーは好きな色なので、ベッドの足元に置いておくのもいいし
マルシェかごに入れておいてもいいし。
ドライブのとき、そのまま持っていくと、車の中でも外でも重宝なんですよ。


マルチカラーのひざ掛け


これも懐かしいひざ掛け。
私はこうやって無造作にソファーに置いてあるのもいいなと思ってわざとこうしているのですが
アイダホではお友達がうちに来るたびに、誰かがきちんとたたんでくれたものです。
そんなことも思い出しながら使っています。

自分で編んだものはこれくらい。
あとはガレージセールなどで買ったもの、いただいたものばかり。
かなりのヴィンテージものなんですよ。
古くても素敵なの。古いものがまだまだ使えるなんてすごいなと思います。
手づくりってあなどれないです。

フリマやリサイクルショップなどで手編みのものがあって、色合いや風合いが気に入ったら、手に入れておくといいと思います。
1枚じゃなくて、何枚か重ねてあるのが素敵だと思うから。
自分で編むのは1枚でも結構大変です~。

ベッドの足元に重ねてあるニットの、一番上の1枚は多分赤ちゃん用のおくるみだと思うのですが、これって昔、日本でも流行った編み方です。
お花の部分は糸をくるくる巻いて作って、お花同士をとじ針でとじていくの。
編んでないんです。
同じようなものを母も持っていたなあ。それは着物用のショールでした。

それから写真ではよくわかりませんが、三角のストールもあります。
三角ストールは私が小学生の低学年の頃に、一世を風靡するくらい流行ったアイテムなんです。
編み物なんてするようには見えない、近所のほとんどすべての女性たちが、みーんな手編みの三角ショールを羽織っていたっけ。
私は私専用の赤い三角ショールを編んでもらったけど、母のショールを貸してもらうのが好きでした。何故かその方があったかかったんです。

アメリカで手に入れた三角ショールには前を留められるように紐がついているので
スカートのように腰に巻いたりもできて、あったかいんですよ。

アメリカで流行った手芸が日本に渡っていって、日本でも流行ったんだなと思うことがよくあります。
当時、パイレックスも日本に来てました。
あんなハイカラな(!)食器はわが家始まって以来だったなあ。
サラダ、というとそのボウルを使っていました。確か菜の花のような柄のボウル。

アメリカンアンティークの一部は、実際に自分にとっての懐かしい世界とダブっています。

スポンサーサイト
┗ Comment:14 ━ Trackback:0 ━ 17:06:42 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。