== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

日本に着きました!

昨日日本に着きました。やっぱり近いなあ。
せっかく機内で映画を見ていたのに、途中で着いてしまいました。
続きはどうなるんだろう・・・気になります。

日本は寒いですね。。。
出かけるのも億劫だし、家の中でもこたつから動きたくない。
せっかく日本にいるんだからしたいこともあるんだけど、まあいいかなあ~という気分になってきちゃいます。

子供の頃、各部屋に暖房なんて無くて、とても寒かったことを思い出します。
重い木綿布団を重ねて、体は何とかあったかいのに、顔が寒かったなあ。
顔も布団の中にもぐってみたい。でも苦しくてずっとはもぐっていられなくて。

寝られない夜に本を読もうとしても、手が冷たくなって長くは読めないんですよね。
私はかいまき布団が好きだったのですが、(どてらを布団にしたような、袖の付いたもの)
手を袖に通して、片手に手袋をして、手袋をしていないほうの手でページをめくりながら読んでいました。

夜中に恐い顔の母が突然やってきて「こら、寝なさい」なんてしかられたりも。
今思うと、あれは恐い顔っていうより、眠い顔だったんですね。
眠くてまぶしいと、あんな顔になるって最近わかります。


子供の休みにしか日本に来れないのですが、こんなに寒い季節かまたは梅雨どき、
真夏の暑いとき。。。うーん。。。
でもこの時期ならではのおいしいものもあるし、暑いのも寒いのも子供には関係ないからいいかなー。
スポンサーサイト
┗ Comment:16 ━ Trackback:0 ━ 05:14:55 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

あまり毛糸でちょこちょこ

ポットマット


今日はちょこっと手づくりのお話です。

子どもがはじめてかぎ針編みをして作った、くさり編みがひと玉ありました。
ひと玉、全部くさり編みにしちゃったんです。
確か1年くらい前のこと。

せっかくのはじめての作品なので、何とか形にしてあげたいなと思ったのですが
どうしていいやら・・・ずっとそのままになっていました。

ふと思いついてポットマットを作ってみました。
同じく、1年位前にお友達にもらった裂き布がひと玉あったので
2本どりにして編んでみたのです。
とーっても太いかぎ針で編んだんですよ。

最初、何種類かの編み方を試して、こうなりました。
後ろに裂き布だけのポットマットも写っています。どちらもかわいい。
ピンクとオレンジの2本どりは、ハワイアンキルトみたいに見えませんか?

毛糸入れバスケット


こちらは超極太の毛糸が余っていて、使いにくいなあと思っていたのですが
何となくバスケットを編んでみました。

あ、と思って、あまり毛糸を色別に分けて、ピンク・赤系の糸を入れてみました。
わー。きれい。

しばらくこのまま、飾って楽しみたいと思います。


ルームシューズ


紫のあまり毛糸でルームシューズを編んでみました。
左右の大きさを合わせるのがちょっと難しかったです。
編んでいるうちにゲージが変っちゃうみたい。気をつけなくちゃ。

出来上がったものは、ちょっと間の抜けた感じで「?」と思いました。
あれこれあれこれ試行錯誤して、お花のボタンをつけたら
タイトに見えてぐっといい感じになりました。
後ろを踏んで、スリッパみたいに履いてもいいなあ~。

マフラー


マフラーを編むのは本当に久しぶり。
これは自分用に。
紫×黄緑×カーキです。
この紫色、ルームシューズにも使いましたが、とても好きな色です。
なかなか見つからない色で、いいなと思ってももうちょっと赤味があることが多いのです。

このマフラーを編んで、紫と黄緑はほとんど使い終わってしまいました。
黄緑はほんのちょっぴりしかなかったのです。ぴったり使えました。


どれもあまり毛糸でちょこちょこ編めて、比較的すぐに出来上がるものばかり。
小物を編むのって楽しいです。

モチーフつなぎのひざ掛けを編んだときに、毛糸をたくさん買いすぎてしまったので
あまり毛糸がたくさんできちゃいました。
日本の毛糸はひと玉40~50グラム巻きのものが多いので、そのつもりで買ったら
アメリカの毛糸はなーんと100グラム巻きだったのです。
ほとんどが100グラム巻きだったこともあったし、編み物するのがが久しぶりだったので、
全然気付きませんでした。
シーズンが終わる前に、品切れになる前に買っておかなくちゃと思って~。
でも全部好きな色なので、あまりを使って何を作ろうかなって考えるのも楽しい☆



┗ Comment:11 ━ Trackback:0 ━ 00:06:51 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

アンティークミシンのテーブル

ミシンのテーブル


先日、旅行したときに何気なく入ったレストランにありました。
アンティークミシンのテーブル!
ミシン台だけじゃなく、ミシンも入っていたんです。
3種類。
オシドリミシン、って聞いたことないけど、日本製なんですね。

台湾の田舎の、なんてことないレストランだったんですけど
とても素敵な出会いでした。
探したらどこかに日本のアンティークミシンがあるかしら?

アンティークミシン 1
アンティークミシン 3
アンティークミシン 2



お料理は・・・名物の鳥鍋。朝鮮人参みたいなのが入ってます。からだによさそう。で、とってもおいしい。

鳥鍋


焼きそば。台湾の焼きそばはどこで食べても麺が太めです。

焼きそば


青菜。多分、これは龍髭菜というのじゃないかな。読み方はわからないです。
台湾のマヨネーズは甘いの。お砂糖が入ってます。だから生クリームみたいな味です。

青菜
┗ Comment:16 ━ Trackback:0 ━ 11:17:13 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ヴィンテージの毛糸で

ヴィンテージの毛糸



アメリカのガレージセールでは手芸用品はたいてい、大まかにざくっとセットになっていて
まとめて売られています。
布地、ボタン、リボン・・・・。
パッチワークをやりかけて何故か途中のままのピースだの
あとはファスナーをつけるだけのクッションだの。

その中に紛れ込んでいた昔々の毛糸。
これで何か編んでみようと思ってよく見たら、2本どりか3本どりで、40~50センチずつくらいにカットしてありました。
何に使ったものなんでしょうね。

短いのですぐに糸を足さないといけないし、後で糸の始末をするのが大変だったんですが
コースター、編んでみました。
ほんの一部、手持ちの糸も足しています。

ヴィンテージ毛糸のコースター


グリーン系の糸はほとんど使い終わりました。
ほんの少しの残りをさらに1本どりで、ピンクッションも作ってみました。

ヴィンテージ毛糸のピンクッション


むすこちゃんがとことこやってきて、待ち針をきれいに刺してくれました。
お花~、だそうです。
私も小さいとき、こんなことしてたなあ。

でもすぐにまた、ばらばらになっちゃって。写真はばらけた後のものですね。


毛糸って、ほんのちょぴりになっても、さらにちょっぴりになっても
何か作れないかなあ、と考えます。
最後はだんだんゲームのようになって、なんか楽しくなっちゃう。

編み物をしていると、必ずあまり毛糸が出るので、これはほとんどエンドレスなゲーム。
私がもう編み物ができなくなったら、うちへきた毛糸のように
誰かにもらってもらえたらいいなあ・・・・。

でね、昔の毛糸って、そうそうこんなふうに、ちくちくしたものだったわ、なんて思い出しました。
子供のころはちくちくするからセーターが嫌いでした。
今はふわふわでなめらかな毛糸もいろいろありますね。
(昔だって、いい毛糸もあったと思うけど)

昔は厚着をした上にセーターを着たから、少々ちくちくする毛糸でも大丈夫だったのかも、なんて思います。
でも色合いは、今ではもう探せないような、特別な色ばかり。
とってもきれい。
色を楽しめるものを編んだのでよかったな、と思います。

┃ Tag:モチーフつなぎ 編み物 手編み ニット

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 11:49:43 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

台湾の珍しいものと茶芸館

看板1


風の街は風が名物。
風がいつも強く吹いているところなんです。
おいしいビーフンも名物です。ビーフンは風が強くないと作れないそうです。そうめんと同じですね。

看板2


看板もよく見てみると、ほら、穴があいてるでしょ。
風の抜け道です。ビニールシート状のものすべてに穴があいています。
ちょっとおもしろい看板でしょ。

多肉植物?


これは珍しい食べ物。
バフェスタイルのレストランで見つけました。
そういえばスーパーでも売ってます。

多肉植物に見えるんですけど・・・・どんな味?
これが結構おいしかったです。ほんの少しすっぱいような、淡い、さわやかな味。
シャキシャキしてて、結構好き。
ドレッシングは黒ゴマドレッシングです。健康志向の台湾ぽいです。


こちらは茶芸館です。台中にあるわりと有名なお店。「地球の歩き方」にも載っています。

茶芸館1


入り口も素敵ですが中はもっと素敵。

茶芸館2


なんと中庭が全部、池。フィレンツェじゃないですけど、水の中に建物が建ってる感じ。
鯉もたくさん泳いでいます。
子どもたちがお店の人にえさをもらってあげていました。
ただでくれるようですが、コインをひとつわたすとたっぷりもらえるそうです。(むすこちゃんいわく)

茶芸館3


頼んだお料理。
日本語メニューもありました。飲茶っぽいものを注文したのですが、周りの人は大抵定食みたいなのを注文しているようでした。
台湾ではコロッケも飲茶メニューです。
それにしても手づくり感いっぱい。誰かのおうちでごちそうになってるみたいなお料理でした。

茶芸館4


この日のお茶は高山烏龍茶。
お願いすると、台湾式のお作法も見せてくれます。
私は横浜の中華街の茶芸館で何回もやってもらって知っているのですが
知らん顔をしてまたお願いしちゃった。

おいしくてむすこちゃんもたくさん飲みました。

近くに火にかけたやかんが置いてあって、どんどんおかわりを作れます。
やかんのお湯をおかわりしたのはうちだけかも。
お茶好きなんですよ。

茶芸館5


こういう写真がいわゆる台湾らしいイメージでしょ。

日本だとこういうお店はかなりシックな雰囲気だと思いますが・・・。
台湾ではファミレスみたい。
子どもたちは走り回ってるし、お座敷の席の周りは脱いだ履き物で乱雑だし。
すごくカジュアルなのです。

でも調度品がアンティークで、とってもいい感じでした。
きっと建物自体が古いのでしょう。
昔の台湾には中庭が池になった、こんなスタイルの家があったようです。


最近だんだん、中国と香港と台湾の違いがわかってきたんです。
台湾はいちばんカジュアルなの。
きちんとしたことが苦手で、おおざっぱ。
ラフでおおらか。
ちょっとだらしないけど、気はいい。声が大きい。
井戸端会議が好き。男の人もする。社交的なんですね。
それから、どんどん新しいものに飛びついたりしないみたい。
古いものがたくさん残ってる、それとも残してるのかな。
ベジタリアンが多い。
・・・・・等々。

また報告しますね。


┗ Comment:16 ━ Trackback:0 ━ 11:01:06 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

手編みとヴィンテージのひざ掛け

ひざ掛け


台湾の冬は寒いよーと聞いていたので、いよいよ来たな、と思っていたら
ほんの3日ほどでまたあたたかさが戻ってきました。
同じくらい冷える日もあるかもしれませんが、これ以上寒くなることはないそうです。
ほっと一安心です。

でもおかげで風邪をひいてしまいました。
ようやく治って元気が出てきたところです。

頭痛でぼーっとしているのに、何かを作りたくてたまりませんでした。
横になっていても「あれを作りたい」「あの糸はこう使って・・・」「あの布はこう使って・・・」
等々といろんな考え・妄想が頭にあふれてしまって、心が落ち着かないのです。
手を動かしていればそれほどでもないんですけどね。
で、結局ちょこちょこ何か作っていました。

写真はベッドの足元に置いてあるひざ掛け、肩掛け、毛布などです。
全部を一度に使うわけではないんだけど、いろいろ重ねて置いておくのは
私にとってはインテリアの一部。
目にあったかいものって、冬にはいいものですよね。

色を合わせて、あちらにもこちらにも置いておけば
ちょっぴり寒いときにすぐくるまれます。

子どもがくるまってるのを見るのもかわいい。
いつの間にか寝ちゃってるときも。

ブルーのショール


このブルーのショールは、昨シーズン最後に編んだもの。
アイダホから引越しと言うときに、ずっと編んでいました。
どうも寝付かれない日が多くて、夜に編んでいたなあ。懐かしい。

ブルーは好きな色なので、ベッドの足元に置いておくのもいいし
マルシェかごに入れておいてもいいし。
ドライブのとき、そのまま持っていくと、車の中でも外でも重宝なんですよ。


マルチカラーのひざ掛け


これも懐かしいひざ掛け。
私はこうやって無造作にソファーに置いてあるのもいいなと思ってわざとこうしているのですが
アイダホではお友達がうちに来るたびに、誰かがきちんとたたんでくれたものです。
そんなことも思い出しながら使っています。

自分で編んだものはこれくらい。
あとはガレージセールなどで買ったもの、いただいたものばかり。
かなりのヴィンテージものなんですよ。
古くても素敵なの。古いものがまだまだ使えるなんてすごいなと思います。
手づくりってあなどれないです。

フリマやリサイクルショップなどで手編みのものがあって、色合いや風合いが気に入ったら、手に入れておくといいと思います。
1枚じゃなくて、何枚か重ねてあるのが素敵だと思うから。
自分で編むのは1枚でも結構大変です~。

ベッドの足元に重ねてあるニットの、一番上の1枚は多分赤ちゃん用のおくるみだと思うのですが、これって昔、日本でも流行った編み方です。
お花の部分は糸をくるくる巻いて作って、お花同士をとじ針でとじていくの。
編んでないんです。
同じようなものを母も持っていたなあ。それは着物用のショールでした。

それから写真ではよくわかりませんが、三角のストールもあります。
三角ストールは私が小学生の低学年の頃に、一世を風靡するくらい流行ったアイテムなんです。
編み物なんてするようには見えない、近所のほとんどすべての女性たちが、みーんな手編みの三角ショールを羽織っていたっけ。
私は私専用の赤い三角ショールを編んでもらったけど、母のショールを貸してもらうのが好きでした。何故かその方があったかかったんです。

アメリカで手に入れた三角ショールには前を留められるように紐がついているので
スカートのように腰に巻いたりもできて、あったかいんですよ。

アメリカで流行った手芸が日本に渡っていって、日本でも流行ったんだなと思うことがよくあります。
当時、パイレックスも日本に来てました。
あんなハイカラな(!)食器はわが家始まって以来だったなあ。
サラダ、というとそのボウルを使っていました。確か菜の花のような柄のボウル。

アメリカンアンティークの一部は、実際に自分にとっての懐かしい世界とダブっています。

┗ Comment:14 ━ Trackback:0 ━ 17:06:42 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

リネンのスカート

リネンのスカート
リネンのスカート リスの刺しゅう



昨年末、いちばん最後に作ったもの。
リネンのスカートです。

「何でもいいから着るものを一つ、縫ってみる」というのが自分の中の目標というか、自分との約束でした。
これだけ、最後に残ってしまって、ぎりぎり年末近くなって出来上がったんです。
こんな小さな約束をひとつずつ果たしていくのっていいものですね。

フェリシモのキットで、布地にもう型紙が印刷ずみのものを使いました。
ここまで至れりつくせりしてもらったら、もう誰でも縫えちゃうでしょう、というくらいの親切なキットなんです。

ほんとに私でも縫えました~。
このシリーズ、増やしてくれたらいいのになあ。
今のところ3種類なんです。あ、まず3つとも作ってから増やしてくれと言いましょうね、私。

すそにりすを刺しゅうしてみました。
巻きスカートのはじっこの部分です。
こういうちょっとしたことで、自分のスカート気分が高まります。


目標って高すぎるとやる気が起きないでしょ。
洋裁ができるようになる、というのではハードルが高すぎ。
一つ縫ってみる、くらいが私にはちょうどいいみたい。
今年も手帳にたくさんの目標を書きました。
目標っていうより、希望、ですね。

新しいこともやってみたいけど、そればかりじゃなくて今好きなことを深めていけたらなと思っています。
┗ Comment:12 ━ Trackback:0 ━ 12:21:42 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

Tom & Jerry のエッグノックカップ

Tom & Jerry


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

元日から急にこちらも寒くなりました。
暖房をがんがんつけないとだめ。
台湾にもそんな季節があるんですね。。。

例によって・・・・
 なるべく日当たりのいい部屋で過ごす
 なるべく熱いお茶を飲む・・・・なんて感じですごしています。

また
 あたたかいお湯で洗い物をする
 お料理をする
 からだを動かす
みたいな感じであたたまっています。

それにしても、寒いです。


写真のマグはHA社のエッグノッグカップ。大きなボールとおそろいなんです。
このマグ、不思議なことがいっぱいで、いろいろ調べているんですが
なかなかすっきりわかりません。

まず、「Tom & Jerry」って書いてあるのは、カクテルの名前、だそうです。
おそろいの大きなボールにカクテルを作って、多分お玉ですくって、カップで飲むようです。
そのカクテルは温かいもののようです。

またTom & Jerryのレシピのお湯をミルクに変えるとエッグノックと名前が変わるそうです。

エッグノックはさらにノンアルコールで飲むことも多いみたい。
子どもが大好きな飲み物なんですって。

たまごとミルクが入ってて、あったかいということは、プリンみたいな味かな??
(作ってみようかな?飲んだことある人いませんか?)

わからないことは、エッグノックはクリスマスに飲む物なのか?ということ。
アメリカのクリスマスパーティーででエッグノックが出たことなかったけどなあ。

また、なぜ「蛍の光」のメロディーが書いてあるのか?
これってアイルランド民謡なんですよね。
エッグノックはアイルランドの飲み物なのかな?

Tom & Jerry 表側
Tom & Jerry 裏側


歌詞もついていますが、英語じゃないのです。。。

(TomとJerryはどういう人たちなのかも知りたいなあ。マンガの猫とねずみにも関係していくのかなあ~。)


クリスマスのヒイラギとベルの絵も描いてありますから、クリスマス時期になると出番が増えるけど
大きさがちょっと小さくて、使いやすいので、私は一年中使っています。
楽譜がなくておじさん二人だけのデザインのもあるので、その二つは食卓の定番なんです。

どうも最近、気付いたこと。
手づくりするとき、パソコンするとき、飲み物をちょっとずつ飲みながら作業すると
断然肩こりが少ないみたい。

肩こりがひどい方はお試しくださいね。
┗ Comment:15 ━ Trackback:0 ━ 18:34:27 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。